透幻影視聴覚書 ~ゆらふわみきき~

インナーセルフ、ガイドさんらとの交流や、スピ話を綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

ラグとはツインフレイム、ツインレイ??(前編) 

~~ のっけから
凄い表題ですが;。

以前、ラグのプロフを書き換えた頃

私と、ラグとは
「ツインソウル」らしい、と
追記で書かせていただきました。


今回は、このところ
色々と、新たに判ってきた事

そして、おそらくは
急展開?な出来事を
2回に渡って
書いていきたいと思います。


まず・・・

「ツインソウル」
「ツインフレイム」
「ツインレイ」とは

何ぞや?と、いう説明ですね。


※先に、ご注意

この先に書いてある事は
ネットで調べて
私なりの解釈でまとめています。

・・・ 何しろ;・・・

人に寄りまして
それぞれ、色んな解釈があり
調べていく内に、どんどんと
ややこしくなってきましたので;。

そういう事から
もしかしたら、書いている事が
間違っているかもしれませんが

まず、私的見解を含めています事を
ご理解下さいませ(_ _(- -;。


で、元々は

男性と女性の関係性の
7つのステップから
成り立つものの中に
含まれているみたいです。

(ただし、中には
男性と女性の関係だけではなく
同性での関係間でも
あるのだそうです。

解釈が色々とある為
判りにくい面が多いのですが。。。)


・「ツインソウル」

まんま、双子の魂、と言われているもので
調べてみると、人は
12のツインソウルが存在している
と、いった記載もあるそうです。

双方が出会うと、デジャ・ヴを感じたり
手指爪の形が一致してるとか・・・
それは、色々とある様です。


・「ツインフレイム」

双子の炎、と呼ばれるもの。

共に、同じ炎(精神エネルギーとか
波動とか??)を持っており
転生を繰り返し
同じ仕事、活動を行ってきた、と
言われています。

そうした事において
それぞれの役目や役割を
持っている、とか。

こちらは、1人に対して
7人のツインフレイムが
存在しているそうです。


・「ツインレイ」

双子の光、と言われるもの。

創生の頃、1番最初に
誕生した対の魂、という記載がありましたが
おそらく、1つの魂が、2つに分かれた、と
私の方では(ラグとは)解釈しています。

こちらにおいても ・・・
色々なブログや本、サイトなどで
それぞれの解釈がされており
ツインソウルと、同じ定義で
解釈されている事もあります。

それぞれ男性、女性と別の性別で
転生を繰り返し、課題も性格も
全く反対なのに、惹かれあうんだとか。


こんな感じでしょうか。

ネットでは、色々と検索で出てくるので
詳しく知りたい方、気になった方は
探してみて下されば・・・と、思います。

(・・・ 丸投げで、ごめんなさい(_ _(- -;。)



で、まぁ

私と、ラグが
ツインソウル・・・というより
ツインフレイムではないかと判ったのが
昨年末に起きた、とある事件。


これを書くと
またもや長くなるので
別記事でいつか書く予定(^-^;)
なのですが;;

この時、一気に
ラグとの関係性や
コミニュケーションの為の情報なんかが
ガーーーっと
私の中に入ってきまして
すごく、混乱したんですね;;;;。

(しかも、師走という
年度決算加速中みたいな
また、ややこしい時期に・・・ orz。)


で、そこから、今年の2月には
ラグが青年モードに成長?した訳ですが
これが・・・始まりだったのでしょうか。

書くと、恥ずかしいですけど・・・(。-_-。)

ええ、ラグからのプッシュが
急に多くなってきた
んです;;;。


なんていうか
恋愛モードどんラブ、みたいな;。


家で、ふと気が付くと

背後霊(怖;)状態みたく
しばらく、ず~~っと後ろにいてたり

べたべたくっついて来るわ

キスを、やたらとしてくる;;

夜、寝る時に
布団に入った途端

夜這いみたいに
上に乗っかっていた事も
(~~ さらに、怖;)。



・・・ こうした事が続けば

妄想か?
私の頭がおかしくなった?

インナーさんや、スピ関連の人?に対して
感覚、感知アンテナが変わった?狂った?


~~~ いやいや、元を返せば

リアル私は既婚者で、子供もいてるし
なんか、不倫みたいで嫌や~~~と(´;ω;`)。



そんな中
私とラグとの、過去生が判ってきまして。


もう、その辺りで

これでもか、判れよ、認めろやお前~~(誰?)

みたいなもんですよ(×_×;)。


つまり、それの・・・

本当かどうかという、証拠を
見せてくれないと
信じきれない頑固さがあるんです、私。


確かに・・・スピな事は
時に、曖昧な部分があります。

そんな事を願っても
確たる証拠にはならないのに
ある意味、無謀でもあるんですが

・・・ それでも、だったんです。


その、ラグとの過去生は
4つくらいあります。

その中で、浮き彫りになったのが
内、2つでした。



後編は、その事から書きます。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: スピ側の存在さん達

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://pailaquark.blog.fc2.com/tb.php/91-7ad363b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

音楽でひととき♪

お気に入り本、コミック色々♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。