透幻影視聴覚書 ~ゆらふわみきき~

インナーセルフ、ガイドさんらとの交流や、スピ話を綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

メヴィウスとの出会い 

まずは

陰ガイド、陽ガイドって?

の、説明が先でしょうか。


これに関して調べてみますと

どうも、ヘミシンカーさんらが
出会うパターンが多い感じみたいですが


私の場合は
ヘミシンクを始める前に
知ってしまったので

まーた、なんか
仕組まれた感がした様な・・・
と、思ったんですけど・・・;。

(~~ 考えすぎ??)


で、陽と陰のガイドとは?ですが

(あ、この先については
ネットで調べた上で
さらに自己解釈が入っています事を
ご理解下さいませ。)



そのまんまで
人間の精神内にある


(ポジティブ、前向き、心の表側にある明るさ)


(ネガティブ、影、心の裏にある見えない部分)


の、それぞれを司る
ガイドさんの事です。


陽ガイドは

ポジティブな方向や
光が射す方向へと、導くのですが



陰ガイドは

それ(陽)ばかりではない
自分の中にある、目を背けている部分
隠された部分にも着目させる事へと導く、という

割と現実的な側に目覚ましをかけて(笑)
バランスを取る
、といった感じです。



で、これは
私的な感覚なんですが


光あるところに
影は出来る

影のあるところに
光は輝く



という感じで
捉えているところがあって

どちらも在る事で
全てにおいて成り立つものが
(バランスの意味でも)
あるのでは、と
ずっと、思っていました。


また、スピでよく言われている
陰陽太極図(陰陽魚)が有名ですが

「陰中の陽」、「陽中の陰」に関してが
先に書いた捉え方と同じかな、と。

(詳しくは、太極図 - Wikipedia を。)


そんな訳で

ラグと、タウ(メヴィウス)の2人が
陽陰ガイドを兼用していて
しかも、対の関係だと判った時

・・・ そら、つるんでいる程
仲が良い訳だ(´・ω・`;A



と、思ったほどです;;。



さて、私とメヴィウスとの出会いは
何て事はないんですが

ヘミシンクの事に興味を持ち始めた頃

色々と調べたり
ヘミシンカーさんのブログなどを
読んだりしてまして。


その際に
陰ガイドの事を知りまして
はー、なるほど、と。


先にも書いてますが

人間の精神の中には

陰陽の二面性がある事や
陰陽太極図の事を知ってましたから

そこで、タウに聞いてみた訳なんです。



すると

- ああ、俺がそうだもん。-




・・・・ は?


( ゚д゚)・・・



「あの~~、もしもし?
今、俺が、って言いました?」


- 言ったさ。俺がそ・う・な・の。-

と、タウは
握りしめた右手こぶしの親指を
くいくいっと
自分に指している姿を見せながら
言ってきまして。


ド工工エエェェェェェェェ(; ゚ Д ゚ )ェェェェェエエエ工工

マジですか?嘘やろ~~??と
混乱モードになっていた私には
おかまいなく

ふいにタウの姿が
ぱっ、と変わりまして。



- 初めまして、奏。-

と、これまで視た事のない存在が
ニヤリと笑いながら
目の前に現れまして。

(タウはこの時、外に出ていまして
傍に居てたのです。)




黒ずくめの服装と、金髪金眼の姿↑から




ほとんど白ずくめ、という
真逆の様な感じで

軽いウェーブがかがった
プラチナシルバーの逆立った髪に
瞳の無いサファイアブルーの鋭い眼に

(↑のイラストでは
瞳があるみたいな感じになってますが

こちらの写真の撮り方の問題でして;;
原画はある様な、無い様な
曖昧な感じで描いています。)

白すぎる肌に
細身なのに、しっかりした身体に

10cmの長い爪を持った細い手と
とがった耳を持った、いかにも
ファンタジーイラストにいてるぞ的(笑)な
20代くらいの、異形姿の青年がいました。

(服装は、古代ギリシャ時代にあった
裾の長いキトンの様な恰好でした。
白い一枚布を左肩から
斜めにひっかけて、腰下からは
布で覆っている感じでした。

なので、胸の右側ははだけています;。)



彼=メヴィウス曰く
2つの存在を持っている理由というのが

実は、彼の出生が絡んでいるんですが

~~ そこは長いんで;
後日、プロフに書く事にしまして


表の存在のタウが
陽の性質を持っていて

裏の存在のメヴィウスが
陰の性質を持っている
、という

どっかしらよくある設定みたいな(笑)
人格でして、それぞれで
存在バランスを保っている

と、いう事でした。



そこで、ピンと来たのが

以前書いた
「過去生の記憶から繋がるもの」
(詳しくは、こちら。→ 前編 中編 後編

の、あの時も

タウに相談したら
ああなってしまった訳ですが


・・・ 確かに
陰ガイドの仕事っちゃー仕事・・・
に、なっているなあ、と(-_-;)。


あの過去生に関しては
元々、何度も見せられていましたが

それでも拒否していましたので

おそらく

「もう、目を背けるな。」

と、いう意味で
実行に至ったんだと思います。




ところで、ここまで書いてしまうと

陰ガイドの存在というのは
陽ガイド同様、精神面では
とても大事な役割を持っている、と納得・・・

と、なるんですが




んですけど・・・

おそらく
ヘミシンクの事をご存知な方は
ご存知かもですが・・・

彼らに関して、もう1つ
知られている事がありまして。






・・・ ここで、書いていいもんか?



( ̄  ̄;ゞ。。。





つまり、彼らは

ハグ以上の事もやる担当なんです、はい。(ゼェゼェ;)

(メヴィウス曰く

もっと、具体的に書けば?と
抜かしてますが;;
私が出来るん、ここまでじゃ~~~ボケェ;と
ツッこみ・・・
いえ、蹴り返しておきましたヽ(#`Д´)ノ┌┛。)




・・・そら、これも
陰の部類としての管轄内、というのは
判りますけどね。


だから、初めて知った時

あ~~~~、ラグもそうだし
ややこしいやないか~~~、と
叫んでしまいましたし(T△T)。



この件については
また色々と書いておこうかと
思うところがありますので

そこは、次回記事にて。

関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ: スピ側の存在さん達

[edit]

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://pailaquark.blog.fc2.com/tb.php/120-dd8cd835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

音楽でひととき♪

お気に入り本、コミック色々♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。