透幻影視聴覚書 ~ゆらふわみきき~

インナーセルフ、ガイドさんらとの交流や、スピ話を綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

もうすぐ、2014年へ 

気が付けば、年末。

そろそろ、2014年が
やってきますね。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: スピ話

[edit]

△page top

Merry Christmas☆ 




クリスマスですね♪
皆様、いかがお過ごしですか?


昨日、急に;
こんな感じのイメージが出まして
パパッと描きました。

ちなみに
インナーさん達を描く時は
マルマンのスケッチブックに
鉛筆、油彩色鉛筆、油性ボールペン
修正ペンを使っています。


・・・といっても

元々、人物は顔くらいしか
描けない、という厄介人なので
これくらいが実は
限界なんですが(^-^;A。。。


また、後日に改めてプロフを作って
ご紹介させていただきますが
彼がインナーセルフのラグです☆

8~10才くらいのアフガニスタン出身の
男の子となっています。


どうぞ、よろしくお願いします <(_ _)>。

カテゴリ: 好きな事、モノ

[edit]

△page top

新たなる流れ4 守龍ラスとの出会い 

中々、シリーズが続かなくて
ごめんなさい;;。


-- 続きを読む --

カテゴリ: スピ側の存在さん達

[edit]

△page top

ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番が好き♪ 

好きなもの話、連投でごめんなさい;。


音楽は、基本的に合うものであれば
何でも聴いてみるタイプなんですが
中心になるのは、クラッシックと
イージーリスニングになります(^ ^;ゞ。

小、中学と、社会人になってから
合唱(クラブ、団)活動もやっていたので
その影響もあるのかもしれません。


もっとも、クラッシックに触れたのも
京都で育った事もあり、地元オーケストラの
京都市交響楽団との縁も鑑賞教室から
団活動までお世話になったので・・・も、あります。

そんな中で
気にいってしまった音楽の1つが
表題の

ラフマニノフ作曲
「ピアノ協奏曲 第2番」

「のだめカンタービレ」でも
取り上げられていたので
有名も有名、かもですが
なんせ、ドラマティックなんですよ、これ。

クラッシックは、寝てしまう曲もありますが
(この曲でも、途中の楽章では
寝てしまうかもですが;)
元々、ドラマティックなのが好きなので(;^_^A 。


で、だんなも好きな為
家には、その曲のCDが
3枚も;あったりします。
当然ながら、どれも演奏者が違いますが
それぞれ、その人らしい
演奏が入っています♪


で、私は
松本和将さんのCDがお気に入り ↓。

2003 エリザベート王妃国際コンクールの松本和将
2003 エリザベート王妃国際コンクールの松本和将

とある、国際コンクールの
ライヴCDなんですが
これが凄く堂々としてて、それなのに
音楽の中に自然に入ってしまう程
惹きつける力がある
と、いう演奏なんですよ。


・・・てか、この曲は
元々、そういう風なとこがある、とも
思えますけど(´▽`;)ゞ。


この曲は、元気がない時なんかに
聴く事が多いです☆

ドラマティック=山あり谷ありなので
人生だって、そうじゃないかーー
と、自分に言い聞かせる意味もこめて(笑)
聴いちゃいます。


・・・単純かもですが
この曲で、本当に何度も救われています。


まぁ、お気に入りだからこそ
なのかもしれませんけど、ね(;^_^A。

カテゴリ: 好きな事、モノ

[edit]

△page top

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

音楽でひととき♪

お気に入り本、コミック色々♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。